山陽新聞デジタル|さんデジ

旧天満屋倉敷店跡駐車場にホテル 穴吹興産建設、分譲マンションも

旧天満屋倉敷店跡駐車場にホテル 穴吹興産建設、分譲マンションも
 分譲マンション販売などの穴吹興産(高松市鍛冶屋町)が、倉敷市阿知の旧天満屋倉敷店跡駐車場にビジネスホテルと分譲マンションの計2棟を建設することが5日、分かった。土地代を含む総事業費は54億円。

 駐車場は約3千平方メートル。ホテルは商店街沿いの北半分に鉄骨11階延べ約6千平方メートルを整備し、南半分は鉄筋15階延べ約7600平方メートルのマンションに充てる。

 ホテルの客室はダブル(14~18平方メートル)とツイン(21~29平方メートル)の計165室で、最上階に大浴場とレストランを設ける。駐車場は25台。来年1月中旬に着工し、2020年夏のオープンを目指す。名称は未定。マンションは83戸(68平方メートル~100平方メートル)を設け、20年11月の完成を予定。駐車場は60台。販売価格は今後詰める。

 ホテルの運営はグループ会社・穴吹エンタープライズ(高松市福田町)が担う。グループの岡山県内の宿泊施設は旅館くらしき(倉敷市本町)に続き2カ所目。穴吹興産は新ホテルについて「JR倉敷駅に近く、美観地区の玄関口という好立地を生かして集客に努める」としている。

(2018年12月05日 23時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ