山陽新聞デジタル|さんデジ

行方不明の「城主猫」を無事保護 高梁・備中松山城、19日ぶり

「城主猫」のさんじゅーろー
「城主猫」のさんじゅーろー
 備中松山城(高梁市内山下)の「城主猫」として人気を集め、4日から同市成羽町地区で行方不明になっていた「さんじゅーろー」(雄、推定3歳)が23日に市内で発見され、19日ぶりに無事保護された。

 市観光協会によると、同市成羽町成羽の住民から午後4時ごろ、「近所の家に似た猫がいる」と連絡があり、駆け付けた協会職員が首の名札で確認した。逃げた場所から約300メートル離れており、やせているが、食欲旺盛で元気だという。

 市観光協会は「無事でいてくれてうれしい。体調をチェックした後、猫の扱い方をしっかりと学んだ上で披露したい」としている。

 備中松山城に今夏からすみ着いていたさんじゅーろーは、4日夜に職員が自宅に連れ帰った際、ケージを飛び出して逃げた。

(2018年11月23日 12時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ