山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山駅東口広場のデザイナー決定 路面電車乗り入れで実現性評価

デザイナーに決まった建築士事務所が考案した岡山駅東口広場のイメージイラスト
デザイナーに決まった建築士事務所が考案した岡山駅東口広場のイメージイラスト
 岡山市は22日、JR岡山駅東口広場への路面電車乗り入れ計画で、広場のデザイナーを東京の1級建築士事務所に決めたと明らかにした。後楽園をモチーフにしたイメージイラストを考案しており、コンセプトや実現性を評価した。

 デザイナーは「弥田俊男設計建築事務所」。春日大社(奈良市)の国宝殿増改築で設計デザインに携わるなどの実績がある。駅東口広場のイメージイラストでは、路面電車の乗り場や待合所を延養亭などの後楽園の施設に見立て、駅の外観は岡山城を思わせるダークグレーとした。

 市のデザイナー公募に対し、6者が応募していた。同事務所は、専門家による検討会などで「コンセプトが明確」「実現性が高い」「外国人観光客の受けが良さそう」と評価され、市幹部による審査委員会でも点数が最も高かったという。

 この日、市内で開かれた有識者による乗り入れの「あり方検討会」に、市がデザイナー決定を報告した。2018年度末をめどにデザインを固め、20年度中の着工、23年度の運用開始を目標としている。

 終了後、阿部宏史座長(岡山大大学院教授)は「今後は協議が本格化する。公共交通の結節点としてふさわしい場所になるよう議論したい」と話した。

(2018年11月22日 14時06分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ