山陽新聞デジタル|さんデジ

ブルゾンさんと千鳥が県復興動画 7日公開、感謝発信や観光PR

岡山県が作成した復興の「メッセージ動画」で千鳥の2人が出演する場面
岡山県が作成した復興の「メッセージ動画」で千鳥の2人が出演する場面
 岡山県は、西日本豪雨からの復興に向けた「メッセージ動画」を作成し、7日午前10時から特設サイトで公開する。地元出身で、お笑い芸人のブルゾンちえみさんと漫才コンビの「千鳥」を起用。全国からの支援に対して感謝の気持ちを発信するとともに、復興の機運盛り上げや岡山への誘客促進につなげる。

 ブルゾンさん、千鳥とも8月の被災地訪問をベースにせりふなどを構成。倉敷市真備町地区でボランティアをしたブルゾンさんは「いろんな人たちが頑張っている姿に胸を打たれた」と振り返り、笠岡市内で漫才をした千鳥の大悟さんとノブさんは「わろうて(笑って)くれるのを見て、ほっとしたんじゃ。ふらっと遊びにくりゃええけえ(来たらいいから)」と岡山弁を交えた掛け合いを見せる。

 動画には伊原木隆太知事も出演。知事の「全国の皆さん、ご支援ありがとうございました。今度はおもてなしでお返しします」の言葉に続き、4人が県内観光を呼び掛ける「カモン」のポーズを次々に取って締めくくっている。

 動画は2分19秒で、ブルゾンさんだけが出演する22秒のショートバージョンもある。特設サイトのアドレスはhttps://8092-okayama.jp/

(2018年11月06日 16時14分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ