山陽新聞デジタル|さんデジ

13歳運転の死亡事故で男を逮捕 岡山南署 無免許ほう助の疑い 

事故を起こした乗用車=1日午前7時4分、岡山市北区青江
事故を起こした乗用車=1日午前7時4分、岡山市北区青江
 岡山市で7月、中学2年の男子=当時(13)=が運転する乗用車が中央分離帯などに衝突し、中学2年の男女5人が死傷した事故で、岡山南署は30日、男子の車を別の乗用車で先導したとして、道交法違反(無免許運転)ほう助の疑いで、同市北区富田、無職則枝研二容疑者(40)を逮捕した。

 逮捕容疑は、男子が無免許で運転すると知りながら、男子に「危ねえけえ、ついて行ってやる」と持ち掛けて7月1日午前4時55分ごろ、同青江の国道30号で自らが運転する車の後を男子の車に追わせ、無免許運転を手助けした疑い。

 同署によると、則枝容疑者は知人を介して男子と面識があったとみられるが、調べに対して「男子と話したことはなく、勝手に無免許運転しただけ」と容疑を否認している。

 これまでの調べでは、則枝容疑者と男子の車は数時間、岡山市内外を一緒に走行していたという。則枝容疑者の車には別の中学2年の男女4人と大人1人の計6人が乗っており、事故後に現場から走り去っていた。2台の同乗者の証言などから関与が浮上した。

 事故により、乗用車の車外に投げ出された女子=当時(13)=が死亡、運転の男子を含む男女4人が足の骨を折るなど重軽傷を負った。

(2018年10月30日 12時03分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ