山陽新聞デジタル|さんデジ

まび日誌―被災記者から「希望の音」 解体や草刈り…自らに言い聞かせ

 西日本豪雨から100日が過ぎた。週末ごとの自宅の片付けは、自分の中で“日常”となってしまった。
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2018年10月29日 06時44分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ