山陽新聞デジタル|さんデジ

香取慎吾さんのブランド販売 18日からストライプ ネット通販

ストライプデパートメントで販売する「ヤンチェ」のコート
ストライプデパートメントで販売する「ヤンチェ」のコート
 ストライプインターナショナル(岡山市北区幸町)が出資するインターネット通販モール「ストライプデパートメント」は18日から、元SMAPの香取慎吾さんが手掛けるブランド「ヤンチェ オンテンバール」の衣料品や雑貨を販売する。

 香取さんが今年8月、スタイリストとともに立ち上げたブランドで、「やんちゃ坊主、おてんば娘」の語源となったオランダ語から名付けたという。東京の店舗以外で商品を展開するのは初めて。

 通販で18日から扱うのは、衣料品と雑貨各11種類。アパレル大手・三陽商会(東京)と連携して作ったコート(3種類、税抜き10万5千~15万5千円)は、香取さんが描いたポップな色彩の絵画をデザインした。雑貨はブランドロゴをあしらったマグカップ(同1800円)やフェースタオル(同)がある。一部は店舗販売が終了した限定品。サイトでの販売は同日午前0時からスタートする。

 デパートメントはストライプ社が今年2月、ソフトバンクと共同で設立。現在約800ブランドを扱う。初年度の目標取扱高は16億円。

(2018年10月16日 13時37分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ