山陽新聞デジタル|さんデジ

被災地の光景―災害ごみすっきり 豪雨発生2週間後と2カ月後比較

 倉敷市真備町地区を東西に走る井原線。その高架沿いには、家屋の片付けが進むにつれて大量の家具や畳など...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2018年09月06日 00時12分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ