山陽新聞デジタル|さんデジ

伊能忠敬の随行者の測量道具か 福山で初公開、杖先羅針や分度器

 江戸時代に初の実測日本地図を作った伊能忠敬(1745~1818年)に随行した福山市神辺町出身の松井...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2018年08月28日 11時41分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ