山陽新聞デジタル|さんデジ

ハザードマップ 住民に浸透不十分 豪雨被害の真備でも認知度低く

 西日本豪雨を機に、浸水や土砂災害の危険箇所を示す「ハザードマップ」(危険予測地図)が住民に浸透して...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2018年08月15日 01時18分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ