山陽新聞デジタル|さんデジ

倉敷の避難者3割が要配慮者 「災害関連死」対策が課題に

 西日本豪雨で甚大な被害を受けた倉敷市真備町地区を中心に同市内の被災者2千人余りが身を寄せている避難...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2018年08月03日 23時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ