山陽新聞デジタル|さんデジ

福塩線福山―神辺が21日復旧 井原鉄道は全線開通めどなし

 西日本豪雨の影響を受け運転を見合わせていたJR福塩線の福山―神辺間が21日、復旧する。18日のJR西日本岡山支社長会見では22日としていたが、予定を1日前倒しすることが可能になったという。

 JR側によると、今回の開通で福山―府中間が完全に正常化。上り、下りとも通常通りの本数を確保し、始発から運行する。府中―塩町間は、再開まで1年以上かかる見込みが示されている。

 一方で井原鉄道では神辺(福山市)―三谷(岡山県矢掛町)間で折り返し運転再開を続けており、岡山側の駅の水没で全線開通のめどはなく、三谷―総社間はバスによる代替輸送が続く。JR福塩線福山―神辺間の復旧に合わせ、21日から従来通り1日3往復、福山駅への列車乗り入れも始める。

 問い合わせは井原鉄道運輸部(0866―63―1722)。

(2018年07月20日 11時52分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ