山陽新聞デジタル|さんデジ

ファジなど県内9チーム一体支援 16日に岡山・Cスタで募金活動

西日本豪雨の被災地支援で募金活動を行ったファジアーノ岡山の選手たち=9日、JR岡山駅
西日本豪雨の被災地支援で募金活動を行ったファジアーノ岡山の選手たち=9日、JR岡山駅
 西日本豪雨の被災者支援のため、サッカーJ2ファジアーノ岡山やバレーボールVリーグ女子の岡山シーガルズ、天満屋女子陸上部など岡山県内に拠点を置く9チームが16日、岡山市のシティライトスタジアムで募金活動を行う。

 J2松本戦(午後7時開始)に合わせ、各チームの選手、スタッフが午後5時からスタジアム前広場で約1時間半、募金を呼び掛ける。寄せられた浄財は県に全額寄付する。

 ファジアーノなど6チームは2016年の熊本地震の際にも募金活動を行っており、「競技の垣根を越え、心一つに支援することが大事。スポーツを通じ、勇気と元気を届けられれば」としている。18日にも実施する予定(会場未定)。

 他の参加チームは次の通り。

 岡山湯郷ベル、吉備国大シャルム(以上サッカー)岡山リベッツ(卓球)シティライト岡山(社会人野球)トライフープオカヤマ(バスケットボール)平林金属(ソフトボール)

(2018年07月15日 05時44分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ