山陽新聞デジタル|さんデジ

高校総体「入賞65」へ健闘誓う 岡山県選手団の監督会議

東海インターハイでの健闘を誓い合った監督会議=岡山市
東海インターハイでの健闘を誓い合った監督会議=岡山市
 三重県を主会場に開催される東海インターハイ(8月1日開幕)の岡山県選手団の監督会議が11日、岡山市内であり、目標の「入賞65」達成に向け、各競技の指導者らが健闘を誓い合った。

 約60人の監督らが出席。県高体連の延原良明会長は西日本豪雨の被害状況に触れ、「子どもたちが実力を発揮できるようバックアップし、被災者が元気になるような活躍を期待している」などとあいさつ。昨年の入賞56からの巻き返しへ結束を呼び掛けた。

 出席者は「男女の団体、個人全てで日本一を目指す」(柔道)、「豪雨で練習できていないが、逆境には負けない」(カヌー)などと決意表明した。

 総合開会式は8月1日、三重県営サンアリーナ(伊勢市)である。7月27日から始まるバレーボール男子、ハンドボールなど一部競技は総合開会式に先立ち開催される。

(2018年07月11日 11時45分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ