山陽新聞デジタル|さんデジ

倉敷市が消毒用消石灰を無料配布 本庁や支所で市民ら積み込み

消毒用の消石灰を積み込む倉敷市職員=新田車庫
消毒用の消石灰を積み込む倉敷市職員=新田車庫
 倉敷市は、浸水した家屋や道路の消毒用に、消石灰を無料配布している。1世帯当たり1袋(20キロ)を在庫限りで提供している。

 本庁と各支所(児島、玉島、水島、船穂)、真備公民館服部分館で配布。作業時には、保護眼鏡やマスクの着用を呼び掛けている。

 本庁では、庁舎近くの新田車庫(同市新田)で対応。11日も市民らが車で次々と訪れ、職員の手を借りてトランクや荷台に積み込んでいた。

 また、床下などの簡易消毒も本庁と児島、玉島、水島、船穂の各支所(真備地区は本庁)で受け付けている。無料で一般家庭が対象。家屋内への立ち入り作業は原則行っていない。

 いずれも問い合わせは市環境衛生課(086―426―3361)。

(2018年07月12日 00時16分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ