山陽新聞デジタル|さんデジ

国民民主党に津村、柚木氏が参加 岡山県関係議員、難波氏は立民に

 希望、民進両党の合流による新党「国民民主党」が7日、東京都内のホテルで結党大会を開き、旗揚げした。

 結党大会に、岡山県関係議員は津村啓介氏(衆院比例中国)と柚木道義氏(同)がともに希望の党から参加した。民進党の難波奨二氏(参院比例)は立憲民主党入りを明らかにし、対応が分かれた。

 新党への参加を明言していた津村氏は「将来の野党統一に向け、小さいながらも一歩を踏み出したことに意味がある。まずは新党をしっかり立ち上げ、多くの仲間を迎え入れる受け皿をつくりたい」とした。

 判断を保留していた柚木氏は「政権交代可能な政治の第一歩になるなら、という支援者の声に背中を押された」と説明。「選択肢を求める国民の願いに応えることこそが新党のミッション」と述べた。

 難波氏も態度を明確にしていなかったが、この日午前に民進を離党し、立憲民主へ入党届を提出。野党勢力結集の必要性は認めつつ「政権担当能力を備えた野党として、核になるのは立憲民主と確信している」と話した。

 広島県関係では、柳田稔(参院広島選挙区)、森本真治(同)の両氏がともに民進から国民民主に参加。希望の佐藤公治氏(衆院広島6区)は「今後の合流については後援会や支援団体と時間をかけて協議する必要がある」として加わらず、当面は無所属で活動する考えを示した。

(2018年05月07日 13時11分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ