山陽新聞デジタル|さんデジ

“ちょ田舎”の移住先・井原紹介 市の支援サイトがリニューアル

リニューアルされた移住促進サイト「いばらぐらし」
リニューアルされた移住促進サイト「いばらぐらし」
 井原市は、市外在住者向けの移住・定住支援サイト「いばらぐらし」をリニューアルした。田舎だけど、便利な生活を営むことができる“ちょ田舎”と井原を紹介しながら、移住者の生の声も載せている。

 サイトでは、生活環境について「スーパーやホームセンターが充実し、倉敷や福山へも30分~1時間」「市民病院など約50の医療機関がある」と利便性の高さを強調。その上で「市北部では冬用タイヤが必需品」「市街地以外は車がないと不便」「地域の一員となるため自治会加入が最適」などと、移住相談会などで寄せられる田舎暮らしへの疑問に答えている。

 実際に移住した5組のインタビューを掲載。「都会のようにふらっと飲みに行くことができない代わり、家族とゆっくり過ごせる」(農業、美星町)、「田舎ならではの人のつながりを感じることができる」(子育て支援スペース運営、西方町)などと、“井原の魅力”をそれぞれの言葉で語っている。

 アクセス数はリニューアル前に比べ大幅に伸びたといい、市は「目を引く動画、ニーズに合った情報などを載せ、内容を充実させていきたい」としている。

(2018年04月12日 00時54分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ