山陽新聞デジタル|さんデジ

準備編(4)家族会議で情報共有 災害時に慌てないよう話し合っておこう




 「災害用伝言ダイヤル」で伝言を録音する際は「171」の後に「1」を押し、安否確認に利用される可能性が高い自宅などの電話番号を登録して約30秒間、音声を吹き込む。録音を聞くには「171」の後に「2」を押し、相手の登録番号を押せば再生される。毎月1、15日などには体験利用ができる。安否情報を文字で登録、確認できる携帯電話各社の「災害用伝言板サービス」もある。(岡山県危機管理課)

(2018年03月13日 00時20分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ