山陽新聞デジタル|さんデジ

iPS論文不正 研究への信頼揺るがした

 京都大のiPS細胞研究所で、36歳の助教の論文に不正が発覚した。人工多能性幹細胞(iPS細胞)の開...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2018年01月25日 23時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ