山陽新聞デジタル|さんデジ

星野仙一氏に県スポーツ特別顕賞 県庁で贈呈式、業績たたえる

伊原木知事(左)から県スポーツ特別顕賞を贈られた星野氏(中央)
伊原木知事(左)から県スポーツ特別顕賞を贈られた星野氏(中央)
 岡山県は14日、今年1月に野球殿堂入りを果たした元プロ野球選手の星野仙一氏(70)=倉敷市出身=に県スポーツ特別顕賞を贈った。

 県庁で贈呈式があり、伊原木隆太知事が「野球人としてたぐいまれな業績を挙げられ、大変誇りに思っている。ますますのご活躍を願っている」とたたえ、表彰状と記念のレリーフを贈呈。星野氏は「素晴らしい賞を頂き、野球をやってきて良かった、岡山に生まれて良かったという思いでいっぱい」と喜びを語った。

 星野氏は中日のエースとして活躍。監督としては中日、阪神、楽天の3球団でリーグ優勝を果たし、2013年には楽天を同球団初の日本一に導いた。現在は同球団の副会長を務める。

 同じく贈呈が決まっている元プロ野球選手の平松政次氏(70)=高梁市出身=には12月19日に贈る。

 同顕賞は07年創設で、国際大会で好成績を収めるなどした県ゆかりの選手らを対象に、これまで20人(延べ34人)に贈呈している。

(2017年11月14日 06時29分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ