山陽新聞デジタル|さんデジ

「サザエさん」冒頭に岡山の名所 8日から登場、観光集客に期待

「サザエさん」オープニングに登場予定の倉敷美観地区
「サザエさん」オープニングに登場予定の倉敷美観地区
 アニメ「サザエさん」のオープニングに8日から、岡山の名所や特産品が登場する。岡山県観光課は「国民的番組だけに、岡山の魅力を全国に発信し、訪れてもらうきっかけになれば」と期待する。

 同番組は、主題歌が流れる約1分間、全国各地の観光地や名物などを紹介している。岡山は2006年度以来2回目で、今回は来年3月まで25回程度放送される予定。

 秋編(10~12月)と冬編(来年1~3月)の2バージョン。サザエさんが倉敷美観地区や旧閑谷学校(備前市)、鬼ノ城(総社市)など約20カ所を訪れ、岡山が誇る果物をふんだんに使ったパフェを食べたり、奥津温泉名物の「足踏み洗濯」に挑戦したりする。

 制作費は県が負担した。県とJR西日本が4月から始めた観光企画「おかやまハレいろキャンペーン」が9月で終了し、観光の閑散期となる冬場に“サザエさん効果”で集客につなげたい考え。

(2017年10月02日 11時41分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ