山陽新聞デジタル|さんデジ

STU48「広島知事選投票を」 県選管がポスターと動画を撮影

知事選への投票を呼び掛ける動画の撮影に臨むSTU48のメンバー
知事選への投票を呼び掛ける動画の撮影に臨むSTU48のメンバー
 11月12日投開票の知事選に向け、広島県選管は26日、瀬戸内地域を拠点に活動するアイドルグループ「STU48」を起用した啓発用のポスターと動画を広島市内で撮影した。18歳選挙権が導入されて初の知事選で、若者の関心を高めるのが狙い。

 ともに県出身の土路生優里(とろぶ・ゆり)さん(18)、矢野帆夏(ほのか)さん(18)らメンバー7人と県民エキストラ約20人が参加。「どうして選挙に行くんだろ?」をキャッチコピーに7人が並んで投票を呼び掛ける様子などを撮影した。

 ポスターはB2判など約1万枚を作製。10月26日の告示以降、県庁や市町役場、電車やバスの車内で掲示される。動画は県内の民放4局のテレビで同日から放送。インターネットの特設サイトで動画やメーキング映像などを公開する。

 4年前の前回知事選の投票率は過去3番目に低い31・97%。土路生さんは「県民の一人として投票します」、矢野さんは「投票に行く人が増えるとうれしい」と話していた。

(2017年09月26日 11時23分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ