山陽新聞デジタル|さんデジ

山方永寿堂のきび団子が大賞受賞 東京の見本市フード部門

フード部門大賞に選ばれた「めでたきびだんご」
フード部門大賞に選ばれた「めでたきびだんご」
 東京ビッグサイト(東京)で6~8日に開かれた食と生活雑貨の見本市「グルメ&ダイニングスタイルショー」で、山方永寿堂(岡山市中区西川原)の「めでたきびだんご」が、フード部門で最優秀の大賞を受賞した。

 縁起物ずくめのパッケージが特徴で、金色の箱に富士山や「大入」と記した扇を描き、個別包装紙の絵柄には七福神や招き猫などを用いている。鶴、亀、福助の折り紙付き。岡山市出身のデザインユニット「cochae(コチャエ)」が手掛けた。

 大賞は、来場したバイヤーの投票や学識経験者の審査で79点の中から選ばれた。味は定番のきび団子ながら、祝い品を想定した華やかなデザインで「外国人観光客向けの日本土産としての需要も期待できる」などの評価が寄せられたという。

 岡本佳正取締役営業部長は「全国の百貨店や国際空港、雑貨やアパレルの店からも引き合いがあった。販路を広げ、岡山のきび団子の知名度をさらに高めたい」と話した。

(2017年09月08日 11時31分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ