山陽新聞デジタル|さんデジ

「発病予備軍と恐れられ」と陳述 熊本・ハンセン病訴訟で原告男性

 国のハンセン病隔離政策で深刻な差別を受けたとして、元患者の家族568人が国に損害賠償と謝罪を求めた...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2017年07月03日 14時22分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ