山陽新聞デジタル|さんデジ

安生山 西之院(あんしょうざん にしのいん)

不動明王を祀る本堂。寺院のある一帯はかつて帯江銅山で栄えた
不動明王を祀る本堂。寺院のある一帯はかつて帯江銅山で栄えた
安生山 西之院(あんしょうざん にしのいん)
山門と帰庵筆の寺号石柱
山門と帰庵筆の寺号石柱
初不動大祭の様子
初不動大祭の様子
地域の愛山護法の念に守られ不動信仰を集める 1615(元和元)年の開創とされる。もともとは別の場所にあったが、江戸時代、池田藩の廃寺政策から逃れるために檀信徒が現在地に移転させた。人々の愛山護法の思いと帰依に支えられ、今日に至る。 地元では親しみを込めて「中庄のお不動さま」と呼ばれ、厄とばしのお寺として信仰を集めてきた。 毎月28日には本尊不動明王護摩供が厳修される。また毎年1月には「初不動大祭」として境内にて柴燈大護摩供を厳修、厄とばしのお祭りとして大勢の参拝客が訪れる。ご案内住所/〒710-0016 倉敷市中庄1588TEL/086-462-1569HPアドレス/http://www2.kct.ne.jp/~nisinoin/交通/JR山陽本線・中庄駅から車で6分宗派/高野山真言宗ご本尊/不動明王開山/1615(元和元)年ご利益等/厄とばし、開運必勝、招福除災、良縁成就、当病平癒御朱印/受付 電話にて要確認、300円年間行事毎月28日/護摩供1月最終日曜日/初不動大祭 柴燈大護摩供春・秋/寛政四国霊場徒歩巡拝12月31日/除夜の鐘【ここも! 見とかれぇ】初不動大祭の「俵投げ」 同寺では毎年1月末に初不動大祭が厳修され、県内外から大勢の参拝客が訪れにぎわう。 煙が立ちのぼる中を歩く“火渡り”の荒行の他、参拝客が楽しみにしているのが“俵投げ”だ。一年の“厄”を俵に込めて投げ飛ばす豪快な行事で、老若男女100人ほどが競い合う。

(2020年10月02日 08時20分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ