山陽新聞デジタル|さんデジ

最上本山 御滝 龍泉寺(さいじょうほんざん おんたき りゅうせんじ)

拝殿と鐘楼。釉薬瓦は明石塩焼瓦の名工・西山上七の作
拝殿と鐘楼。釉薬瓦は明石塩焼瓦の名工・西山上七の作
最上本山 御滝 龍泉寺(さいじょうほんざん おんたき りゅうせんじ)
紅葉が美しい参道のモミジ
紅葉が美しい参道のモミジ
ゆるキャラとして話題の十二支像
ゆるキャラとして話題の十二支像
滝行ともみじの最上本山 龍泉寺はこの地で山岳修行をしていた報恩大師が創建したと伝えられる。龍王山の西中腹にあり、雨乞いの龍神さん、農耕のお稲荷さんを信仰する民間信仰の霊場として栄えた。 龍泉寺境内にある全周2キロの龍王池は八大龍王の御神体として祀っている。この龍王池は平安時代に書き写された鬼城縁起によると、桃太郎伝説の「猿」のモデルとされる楽々森舎人が山頂にあった岩をうがって水を湧き出させたことに由来している。森林浴、トレッキングなどが楽しめる、自然とロマンの霊地である。<ご案内>住所/〒701-1464 岡山市北区下足守900TEL/086-295-0130交通/岡山自動車道・岡山総社ICから車で10分。JR桃太郎線・足守から車で10分。岡山桃太郎空港から車で10分HPアドレス/http://ryusenji.jpn.org/宗派/日蓮宗最上教ご本尊/最上位経王大菩薩、八大龍王、鬼子母神、身代り地蔵開山/8世紀中ごろ(天平勝宝年間)ご利益等/厄除け、商売繁盛、交通安全、家内安全、開運、合格祈願、諸願成就、病気平癒年間行事1月1~15日/新年開運祭2月初午日/初午祭4月第3日曜日/八大龍王祭7月第4日曜日/お滝まつり10月第3日曜日/身代り地蔵尊祭12月第2土・日曜日/御火焚大祭【ここも! 見どころ発見】永代供養塔(永代墓) 日護聖人の百遠忌を記念し、永代供養塔と永代墓が建立された。春はトキソウ、夏はサギソウ、秋はモミジが美しく、岡山県立自然公園に指定された豊かな自然に抱かれている。個別の墓であり、合葬ではない。宗旨宗派を問わず、永代に供養してくれる。

(2019年06月21日 08時35分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ