山陽新聞デジタル|さんデジ

中0―1神(15日) 近本、均衡破る適時打

 11回阪神1死三塁、近本が右前に決勝打を放つ=バンテリンドーム
 11回阪神1死三塁、近本が右前に決勝打を放つ=バンテリンドーム
 阪神が延長戦を制した。0―0の十一回に近本の適時打で均衡を破り、岩崎が最後を締めた。大竹が7回を無失点とし、救援陣も好投。4番手の島本が今季初勝利を挙げた。中日は4番手の斎藤が踏ん張れず、3連勝はならなかった。

(2024年05月15日 21時31分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ