山陽新聞デジタル|さんデジ

3、4階は未利用のまま来春開館 備前市、旧アルファの施設で方針

 備前市は13日、多目的施設にするため一部解体中の旧大型商業施設アルファビゼン(同市西片上)について、3、4階部分を「将来活用スペース」とし、未利用のまま来春開館させる方針を明らかにした。
この記事は会員限定です。
山陽新聞ID(無料)に登録すると
  • 有料記事が無料で読める!(月5本まで)
  • 最新ニュースを速報メールでお届け
  • ID会員限定プレゼントに応募可

(2024年05月14日 17時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ