山陽新聞デジタル|さんデジ

病床 オンライン授業で高校進級 白血病発症、岡山県内の女子学生

 オンライン授業が、長期入院などで学校に通えない子どもの教育に効果を発揮している。特に高校生はこれまで、留年や退学、転校となるケースもあったが「友達と一緒に進級したい」という生徒の気持ちに応え、単位取得も可能になっているという。5年前に白血病となり、遠隔授業で単位を取って進級、大学進学を果たした岡山県内の女子学生紗月さん=仮名=(21)は「病気になってもできることはある。夢を諦めなくて良かった」と語った。

 岡山県教委によると、紗月さんは同教委が関わった取り組みで初めてオンライン授業で進級できた生徒とみられる。長期療養を余儀なくされる子どもたちの教育では、小中学生を対象にした院内学級が知られるが、高校生は対象外で学習支援が課題とされてきた。

 紗月さんは高校1年の2018年6月に入院した。入学後から体がだるく、階段を上がるのもつらい。授業で眠ってしまうこともあるほど不調が続く。友達もでき、楽しい生活が始まったばかりの時期。病気は急性リンパ性白血病だった。

 倉敷中央病院(倉敷市美和)に入院したが、不安は尽きない。最も心配だったのは「どのくらい学校を休むのか」だった。母が高校に病状説明に行った時は「留年になると思う」という感触だったそうだ。母は紗月さんに聞いた。「どうしたい」。即答した。「今の友達と進級したい」...
この記事は会員限定です。
山陽新聞ID(無料)に登録すると
  • 有料記事が無料で読める!(月5本まで)
  • 最新ニュースを速報メールでお届け
  • ID会員限定プレゼントに応募可

(2024年05月13日 22時15分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ