山陽新聞デジタル|さんデジ

ヒルタ工業、2工場で太陽光発電 CO2排出量を年233トン削減

 自動車部品メーカー・ヒルタ工業(笠岡市茂平)は、吉備工場(総社市久代)と豊橋工場(愛知県豊橋市)に太陽光発電設備を導入した。初期投資が不要な「PPA(電力購入契約)方式」を採用して電気料金を抑えなが...
この記事は会員限定です。
山陽新聞ID(無料)に登録すると
  • 有料記事が無料で読める!(月5本まで)
  • 最新ニュースを速報メールでお届け
  • ID会員限定プレゼントに応募可

(2024年05月11日 16時16分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ