山陽新聞デジタル|さんデジ

男女軽量級ダブルスカルで五輪へ ローイングのAO予選

 男子軽量級ダブルスカル決勝 1位となった宮浦真之(左)、古田直輝組。パリ五輪出場権を獲得=忠州(共同)
 男子軽量級ダブルスカル決勝 1位となった宮浦真之(左)、古田直輝組。パリ五輪出場権を獲得=忠州(共同)
 女子軽量級ダブルスカル決勝 1位となった広内映美(左)、大石綾美組。パリ五輪出場権を獲得=忠州(共同)
 女子軽量級ダブルスカル決勝 1位となった広内映美(左)、大石綾美組。パリ五輪出場権を獲得=忠州(共同)
 軽量級ダブルスカルで男女ともに1位となってパリ五輪出場権を獲得し、日の丸を手にする(左から)古田直輝、広内映美、大石綾美、宮浦真之=忠州(共同)
 軽量級ダブルスカルで男女ともに1位となってパリ五輪出場権を獲得し、日の丸を手にする(左から)古田直輝、広内映美、大石綾美、宮浦真之=忠州(共同)
 ローイングのパリ五輪アジア・オセアニア(AO)予選最終日は21日、韓国の忠州で各種目の決勝が行われ、軽量級ダブルスカルで男子の宮浦真之、古田直輝組(NTT東日本)、女子の広内映美(明治安田生命)、大石綾美(アイリスオーヤマ)組がいずれも1位となり、五輪出場権を獲得した。

 日本勢は今大会で2種目が1位だった場合、ともに出場権を獲得できる。2位だった女子シングルスカルの米川志保(トヨタ自動車)は、5月19日にスイスで開幕する世界最終予選が自力で出場権を得る最後の機会となる。(共同)

(2024年04月21日 15時25分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ