山陽新聞デジタル|さんデジ

岸田首相、イランの報復に懸念 「中東情勢を一層悪化させる」

 イランによるイスラエルへの報復攻撃を受け、記者団の取材に応じる岸田首相=14日午後、首相官邸
 イランによるイスラエルへの報復攻撃を受け、記者団の取材に応じる岸田首相=14日午後、首相官邸
 岸田文雄首相は14日、イランによるイスラエルへの報復攻撃を受け「中東情勢を一層悪化させる。深く懸念し、こうしたエスカレーションを強く非難する」と官邸で記者団に述べた。「情報収集と、邦人保護を含め各国と連携した対応を関係省庁に指示した」と説明。現時点で邦人被害の報告はないと明らかにした。

 「事態を沈静化させるべく、あらゆる外交努力を続けなければならない」とも語った。首相は訪米から帰国途上の政府専用機内で報告を受けた。羽田空港到着後、その足で官邸入りし、秋葉剛男国家安全保障局長、外務省の岡野正敬事務次官らからも状況を聞いた。

 上川陽子外相は14日に発表した談話で「中東地域の平和と安定は、わが国にとっても極めて重要だ。当事者に対し、事態の沈静化を強く働きかける」と強調した。

 外務省は14日、イランへの渡航中止を求める注意喚起を出した。イランからの出国や一時帰国を希望する滞在者には、定期商用便が運航されている間の出国を検討するよう要請した。

(2024年04月14日 19時34分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ