山陽新聞デジタル|さんデジ

熊本地震8年、276人追悼 県庁で式典、遺族ら参列

 熊本地震の追悼式で黙とうする遺族ら=14日午前、県庁
 熊本地震の追悼式で黙とうする遺族ら=14日午前、県庁
 熊本地震の「前震」から8年となり、震災記念公園で犠牲者を悼む人たち。奥は熊本県益城町役場=14日午前
 熊本地震の「前震」から8年となり、震災記念公園で犠牲者を悼む人たち。奥は熊本県益城町役場=14日午前
 熊本地震の「前震」から8年となり、震災記念公園で献花する熊本県益城町の西村博則町長=14日午前、益城町
 熊本地震の「前震」から8年となり、震災記念公園で献花する熊本県益城町の西村博則町長=14日午前、益城町
 熊本、大分両県で計276人が犠牲となった2016年4月の熊本地震は14日、最初の激震「前震」から8年となり、熊本県庁で追悼式が開かれた。遺族ら28人が参列し、昨年完成した震災の祈念碑前で黙とうした。蒲島郁夫知事は式辞で「悲しみを力に変え、一丸となって創造的復興を進めてきた。経験と教訓を発信したい」と述べた。

 娘と共に参列した中村純子さん(88)は、胃潰瘍の手術直後に被災した夫を災害関連死で亡くした。自宅が全壊したが夫の残した資金もあって乗り越えられた。「安心して暮らしている、ありがとうと伝えに来た」と話した。

 前震と16日未明の「本震」で震度7を2回記録した同県益城町では昨年3月に新庁舎が完成。西村博則町長は震災記念公園の献花台に菊を1輪手向け「ハード面の復興は随分できたが心の復興が道半ばだ」と語った。

 町役場の周りには「災害に負けない」「能登台湾がんばるばい」などの言葉が添えられた竹灯籠が置かれた。設置に携わった西真琳子さん(39)は「ようやく少しずつ生活にゆとりが出てきた」と安堵の表情を見せた。

(2024年04月14日 16時18分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ