山陽新聞デジタル|さんデジ

米、イスラエル防衛に決意 バイデン氏、対応協議

 バイデン大統領(ロイター=共同)
 バイデン大統領(ロイター=共同)
 【ワシントン共同】バイデン米大統領は13日、X(旧ツイッター)で「イランやその代理勢力の脅威から、イスラエルを防衛する決意は揺るぎない」と表明した。東部デラウェア州での静養を予定より早く切り上げて同日ホワイトハウスに戻り、ブリンケン国務長官やオースティン国防長官、サリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)らと対応を協議した。

 国家安全保障会議(NSC)のワトソン報道官は、イランによるイスラエルへの報復攻撃を受けて声明を発表。イスラエルや同盟・友好国と緊密に連絡を取り合っていると説明し、米国はイスラエルの人々と共にあると強調した。

(2024年04月14日 10時15分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ