山陽新聞デジタル|さんデジ

岸田氏、4月11日に米議会演説 同盟強化と平和貢献への意欲表明

 岸田文雄首相
 岸田文雄首相
 【ワシントン共同】岸田文雄首相が4月11日に米国の上下両院合同会議で演説することが決まった。複数の議会筋が4日明らかにした。日本の首相としては2015年の故安倍晋三氏以来、約9年ぶりの議会演説となる。ジョンソン下院議長側が日本政府に伝達した。

 岸田氏は国賓待遇で訪米し、日米同盟を一層強化し、インド太平洋地域や世界の平和に貢献する意欲を示す。被爆地・広島選出の首相として原爆を投下した当事国の連邦議会で「核兵器のない世界」に向け、どのようなメッセージを打ち出すかが注目される。

(2024年03月05日 08時21分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ