山陽新聞デジタル|さんデジ

転落恐れの用水路対策9割完了へ 倉敷市 3月末までに1800カ所

 倉敷市は4日、転落の恐れがある用水路のハード対策について、今月末までに全体の9割に当たる1800カ所で完了する見通しを明らかにした。

 2月定例市議会一般質問で、亀山貴之建設局長が説明...
この記事は会員限定です。
山陽新聞ID(無料)に登録すると
  • 有料記事が無料で読める!(月5本まで)
  • 最新ニュースを速報メールでお届け
  • ID会員限定プレゼントに応募可

(2024年03月04日 19時29分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ