山陽新聞デジタル|さんデジ

透明板で翻訳、外国人を対面案内 都営地下鉄駅に導入、12言語

 東京・新宿の都営地下鉄大江戸線都庁前駅で、ディスプレーを挟んで駅員の説明を受けるイタリア人観光客のファビオ・グルミさん(左端)ら=29日午前
 東京・新宿の都営地下鉄大江戸線都庁前駅で、ディスプレーを挟んで駅員の説明を受けるイタリア人観光客のファビオ・グルミさん(左端)ら=29日午前
 外国人旅行者が駅窓口で円滑に案内を受けられるようにするため、東京都は29日、都営地下鉄大江戸線の都庁前駅(新宿区)で、言語を翻訳して表示する透明のディスプレーを使った対面案内を試験導入した。英語や中国語、スペイン語など12の言語で利用できる。

 都によると、駅員と利用客がディスプレーを挟んでやりとりし、それぞれの話した言葉が指定した言語に翻訳されてチャットのように表示される。キーボードでの入力も可能で、聴覚や発声に障害がある人の利用も想定している。

 都内では2025年に世界陸上とデフリンピックが開催される予定で、都は利用状況を踏まえて他の駅への導入も検討するとしている。

(2024年02月29日 11時07分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ