山陽新聞デジタル|さんデジ

衆院政倫審が開催、全面公開 現職首相が初出席、自民裏金事件

 自民党派閥の政治資金パーティー裏金事件を受けた衆院政治倫理審査会で弁明する岸田首相=29日午後
 自民党派閥の政治資金パーティー裏金事件を受けた衆院政治倫理審査会で弁明する岸田首相=29日午後
 岸田文雄首相、武田良太氏
 岸田文雄首相、武田良太氏
 自民党派閥の政治資金パーティー裏金事件を受けた衆院政治倫理審査会が29日午後、開催された。岸田文雄首相が現職首相として初出席。自民二階派の武田良太事務総長も説明する。審査会はテレビ中継も含め、全面公開で実施する。裏金事件の解明が進むかどうかが焦点となる。

 立憲民主党の長妻昭政調会長は記者会見で「国民の関心は裏金を何に使ったかだ。予算委員会と同じ答弁なら国民の批判は強まる」と強調。公明党の山口那津男代表は党会合で「政治の信頼回復に結び付くやりとりを期待したい」と指摘した。首相から28日に電話で「国民の不信が強まるばかりだ。何とか打開したい」と伝えられたと明かした。林芳正官房長官は会見で「政治資金を巡る国民の厳しい目や疑念を踏まえ、説明を尽くされると考えている」と語った。

 野党は政倫審開催を24年度予算案の衆院採決の前提とする。与党は29日の衆院予算委員会理事会で、3月1日の集中審議と締めくくり質疑、採決を重ねて提案したが、野党は政倫審と並行した予算委審議には応じられないとして拒否した。

(2024年02月29日 14時29分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ