山陽新聞デジタル|さんデジ

スケボー、四十住ら準々決勝へ パーク五輪予選、第4戦

 女子予選で全体トップだった四十住さくら=ドバイ(共同)
 女子予選で全体トップだった四十住さくら=ドバイ(共同)
 スケートボード・パークのパリ五輪予選第4戦で、女子予選に臨む長谷川瑞穂=28日、ドバイ(ゲッティ=共同)
 スケートボード・パークのパリ五輪予選第4戦で、女子予選に臨む長谷川瑞穂=28日、ドバイ(ゲッティ=共同)
 【ドバイ共同】スケートボード・パークのパリ五輪予選第4戦は28日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで開幕して女子予選が行われ、日本勢は東京五輪金メダルの四十住さくら(第一生命保険)が82・00点でトップとなるなど、5人全員が3月1日の準々決勝に進んだ。

 長谷川瑞穂は76・65点の3位、貝原あさひは11位、中村貴咲は15位、菅原芽依は17位で通過。昨年の世界選手権で優勝の開心那(WHYDAH GROUP)と銀メダルの草木ひなのはシード選手で予選免除となる。

(2024年02月28日 20時54分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ