山陽新聞デジタル|さんデジ

首相、29日に政倫審へ初出席 全面公開、二階派の武田氏も

 国会で開かれた衆院政治倫理審査会の幹事会=28日午後
 国会で開かれた衆院政治倫理審査会の幹事会=28日午後
 与野党は28日、自民党派閥の政治資金パーティー裏金事件を受けた衆院政治倫理審査会の幹事会を開き、政倫審を29日と3月1日に開くと決定した。29日は岸田文雄首相と自民二階派の武田良太事務総長、3月1日は西村康稔前経済産業相ら安倍派の4人が個別に審査に臨む。公開の在り方については、いずれもテレビ中継を認め、全面公開での実施で合意した。現職首相の出席は初めて。

 野党は政倫審開催を2024年度予算案の衆院採決の前提としていた。与野党は23年度内の成立が確実となる3月2日までの衆院通過をにらんだ駆け引きを続けた。

 政倫審は原則非公開で、公開には本人同意が必要となる。自民は当初、安倍派と二階派の5人が「完全非公開」を希望していると説明し、野党が反発。自民は27日に西村、武田両氏の28日出席をいったん提示したものの撤回し開催見通しが立たなくなっていた。

 首相は28日午前、自民党総裁として「マスコミオープンの下で説明責任を果たしたい」と政倫審への出席意向を表明。その後、5人全員が全面公開を受け入れた。

(2024年02月28日 19時20分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ