山陽新聞デジタル|さんデジ

女子は島田がSP2位、櫛田3位 フィギュア世界ジュニア開幕

 女子SPで演技する島田麻央=台北(共同)
 女子SPで演技する島田麻央=台北(共同)
 ペアSPで演技する清水咲衣(左)、本田ルーカス剛史組=台北(共同)
 ペアSPで演技する清水咲衣(左)、本田ルーカス剛史組=台北(共同)
 【台北共同】フィギュアスケートの世界ジュニア選手権は28日、台北で開幕し、女子ショートプログラム(SP)は日本勢初の2連覇を目指す15歳の島田麻央が72・60点で2位、櫛田育良(ともに木下アカデミー)が66・61点で3位につけた。

 辛智娥(韓国)が73・48点で首位に立ち、上薗恋奈(LYS)は61・96点で8位発進。フリーは3月1日に実施する。

 ペアSPで清水咲衣、本田ルーカス剛史組(木下アカデミー)は43・69点で14位となり、上位16組による2月29日のフリーに進出した。

(2024年02月28日 23時04分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ