山陽新聞デジタル|さんデジ

スラムダンク作者らに文科大臣賞 芸術選奨、俳優の佐藤浩市さんも

 漫画家の井上雄彦さん
 漫画家の井上雄彦さん
 文化庁は28日、2023年度芸術選奨の文部科学大臣賞を、アニメ映画「THE FIRST SLAM DUNK」を監督として手がけた漫画家の井上雄彦さん(57)や、俳優の佐藤浩市さん(63)ら23人と1組に贈ると発表した。新人賞はNHK連続テレビ小説「らんまん」の脚本家長田育恵さん(46)ら23人を選んだ。

 井上さんは映画の原作漫画「スラムダンク」の作者。映画では、これまで映像化されていなかったクライマックスを描き、国内外で大ヒットした。佐藤さんは「春に散る」「愛にイナズマ」などの映画に出演し「年齢を重ねるごとに奥行きと深みを増している」と評価された。

 大臣賞には歌舞伎俳優の片岡愛之助さん(51)や映画監督の岩井俊二さん(61)、歌手の藤井フミヤさん(61)、「それは誠」が芥川賞候補となった小説家の乗代雄介さん(37)も選出された。新人賞は謎かけで人気の漫談家ねづっちさん(49)も受賞する。

 受賞者は舞踊や美術なども含む12部門で選ばれ、各部門1人だった新人賞は、若手育成の後押しのため2人にした。

(2024年02月28日 17時05分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ