山陽新聞デジタル|さんデジ

宝塚歌劇団と遺族、合意至らず パワハラの訴え、半数認める

 宝塚歌劇団の俳優急死問題で、記者会見する遺族側代理人の川人博弁護士=27日午後、東京都内
 宝塚歌劇団の俳優急死問題で、記者会見する遺族側代理人の川人博弁護士=27日午後、東京都内
 宝塚歌劇団の女性俳優(25)が昨年9月に急死した問題で、遺族代理人の川人博弁護士らは27日、東京都内で記者会見し、遺族側が15件あったと訴えている上級生らのパワーハラスメント行為について、歌劇団側が約半数を認めたと明らかにした。残りは一部否認か完全否認という。多くの点で双方の主張に隔たりがあり、解決へ向けた合意には至っていないとしている。

 遺族側は、女性が上級生からヘアアイロンで額にやけどを負わされるなどの被害を受けたと指摘。亡くなる直前には上級生に呼び出され、未明近くまで怒声を浴びたと主張している。川人弁護士によると、歌劇団側は1月下旬の回答書で、歌劇団幹部や上級生による多くのハラスメント行為があったと認めた。

 ただ、15件のうち約半数をパワハラと認める一方、ヘアアイロンの件などは否認した。こうした対応について、川人弁護士は「(加害者とされる)上級生の言い分をそのまま受け入れる傾向が強い」と批判。証拠に基づき事実を判断するよう求めている。3月前半に改めて代理人同士が面談する予定という。

(2024年02月27日 19時28分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ