山陽新聞デジタル|さんデジ

コロナ感染者、2週連続減 1医療機関当たり10・10人

 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)
 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)
 厚生労働省は26日、全国約5千の定点医療機関から12~18日に報告された新型コロナの新規感染者数が計4万9821人だったと発表した。前週比0・73倍で、2週連続で減少した。1医療機関当たりの感染者数は10・10人。都道府県別では石川が15・48人で最多だった。

 専門家からは流行「第10波」に入ったとの声が上がっていた。感染者数が減少傾向となったことに対し厚労省の担当者は「ピークを越えたかどうかは判断できない。今後も注視が必要だ」と話している。

 1医療機関当たりの感染者数は、青森と沖縄を除く45都道府県で減少。多かったのは石川に次いで茨城15・46人、岐阜15・16人。

(2024年02月26日 16時36分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ