山陽新聞デジタル|さんデジ

イオン、ツルハの統合検討 傘下のウエルシアと

 イオンがドラッグストア事業の拡大に向け、傘下のウエルシアホールディングス(HD)と株式を一部保有しているツルハホールディングス(HD)に関し、経営統合を含めた関係強化を検討していることが25日、分かった。統合が実現すれば業界売上高の首位と2位の連合となり、売上高は2兆円を超える。ドラッグストア業界のさらなる再編の引き金となる可能性がある。

 イオンは既にツルハ株13%強を保有する筆頭株主。同じくツルハ株を13%弱持つ香港投資ファンド「オアシス・マネジメント」から追加で買い取りを目指しており、交渉は大詰めの段階だ。全て取得すればイオンの出資比率は3割弱に拡大する。

(2024年02月25日 17時25分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ