山陽新聞デジタル|さんデジ

柳亭市馬会長「客に恩返しを」 落語協会誕生100年

 記者会見する落語協会の柳亭市馬会長=25日午前、東京都台東区
 記者会見する落語協会の柳亭市馬会長=25日午前、東京都台東区
 東京の落語家や講談師らで組織する落語協会が25日、結成から100年の節目を迎えた。東京都内で記者会見した柳亭市馬会長は「こんなにうれしいことはない」と喜びを語った上で「お客さまに喜んでもらうことでしか恩返しできない。良い芸を提供するのが使命」と、次の100年に向け気を引き締めた。

 協会によると、関東大震災の翌年に当たる1924年のこの日、離合集散を繰り返していた落語家たちが「大同団結」し、東京・上野で協会の前身である「東京落語協会」の発会式を行ったとされる。協会には現在、紙切りや、ものまねなどの芸人も所属している。

(2024年02月25日 15時17分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ