山陽新聞デジタル|さんデジ

21歳平林が大阪マラソン初優勝 歴代7位、2時間6分18秒

 男子で2時間6分18秒をマークし、優勝した平林清澄=大阪城公園
 男子で2時間6分18秒をマークし、優勝した平林清澄=大阪城公園
 大阪マラソンは25日、大阪府庁前から大阪城公園までのコースで行われ、男子は初マラソンの21歳、平林清澄(国学院大)が日本歴代7位の2時間6分18秒で優勝した。スティーブン・キッサ(ウガンダ)が4秒差の2位、パリ五輪代表に決定している小山直城(ホンダ)が2時間6分33秒で3位だった。

 日本陸連が定めたパリ五輪男子代表選考の設定記録2時間5分50秒を突破した選手はいなかった。男子の残り1枠を争う選考対象レースは3月3日の東京マラソンが最後となる。

(2024年02月25日 11時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ