山陽新聞デジタル|さんデジ

金熊賞は「ダホメ」に 第74回ベルリン国際映画祭

 ベルリン国際映画祭で金熊賞を獲得したマティ・ディオップ監督=24日、ベルリン(ロイター=共同)
 ベルリン国際映画祭で金熊賞を獲得したマティ・ディオップ監督=24日、ベルリン(ロイター=共同)
 【ベルリン共同】世界三大映画祭の一つ、第74回ベルリン国際映画祭の授賞式が24日(日本時間25日)開かれ、コンペティション部門の最高賞「金熊賞」にマティ・ディオップ監督の「ダホメ」が選ばれた。

 「ダホメ」は、かつてアフリカにあったダホメ王国からフランスが略奪した26の宝物が、現在のベナンに返還された様子などを写したドキュメンタリー。

 授賞式ではパレスチナ情勢への言及が相次ぎ、ディオップ監督は「パレスチナと連帯する」などと述べた。ドキュメンタリー賞は、イスラエルによるヨルダン川西岸の占領にあらがう活動家らによる「ノー・アザー・ランド」に決定した。

(2024年02月25日 09時08分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ