山陽新聞デジタル|さんデジ

世界卓球団体戦、日本女子「銀」 決勝で中国に惜敗

 女子決勝 中国戦の第5試合でポイントを奪われ、顔をしかめる張本美和=釜山(共同)
 女子決勝 中国戦の第5試合でポイントを奪われ、顔をしかめる張本美和=釜山(共同)
 卓球の世界選手権団体戦で銀メダルを獲得した(左から)張本美和、木原美悠、平野美宇、早田ひな、伊藤美誠=釜山(共同)
 卓球の世界選手権団体戦で銀メダルを獲得した(左から)張本美和、木原美悠、平野美宇、早田ひな、伊藤美誠=釜山(共同)
 女子決勝 中国戦の第3試合でプレーする平野美宇=釜山(共同)
 女子決勝 中国戦の第3試合でプレーする平野美宇=釜山(共同)
 女子決勝 中国戦の第2試合で陳夢(手前)からポイントを奪い、ガッツポーズする早田ひな=釜山(共同)
 女子決勝 中国戦の第2試合で陳夢(手前)からポイントを奪い、ガッツポーズする早田ひな=釜山(共同)
 女子決勝 中国戦の第5試合で敗れ、涙ぐむ張本美和=釜山(共同)
 女子決勝 中国戦の第5試合で敗れ、涙ぐむ張本美和=釜山(共同)
 【釜山共同】卓球の世界選手権団体戦第9日は24日、韓国の釜山で行われ、女子決勝で日本は中国に2―3で惜敗し、5大会連続の銀メダルとなった。

 第1試合で日本は張本美和(木下グループ)が世界ランキング1位の孫穎莎に敗れた。続く早田ひな(日本生命)は2021年の東京五輪シングルス覇者の陳夢に、平野美宇(木下グループ)は世界ランク2位の王芸迪に勝利。あと1勝としたものの、第4試合の早田と第5試合の張本美が負けてあと一歩及ばず、53年ぶりの世界一はならなかった。中国は6大会連続23度目の優勝。

 次回の世界選手権団体戦は2026年にロンドンで開催される。

(2024年02月25日 00時33分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ