山陽新聞デジタル|さんデジ

尊厳死宣言 公正証書に高まる関心 岡山県内、22年作成最多76人

 終末期の延命治療を控える「尊厳死」を宣言する公正証書への関心が高まっている。岡山県内で作成した人は最新の2022年の集計で76人と過去最多となり、直近5年間で計200人に上った。法的な拘束力はないも...
この記事は会員限定です。
山陽新聞ID(無料)に登録すると
  • 有料記事が無料で読める!(月5本まで)
  • 最新ニュースを速報メールでお届け
  • ID会員限定プレゼントに応募可

(2024年02月23日 23時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ